• ドライビット外断熱工法 アウサレーション

    2016.01

  • 「アウサレーション」とは米国ドライビット社が開発し、 現在世界で最も普及している外断熱工法による外装材です。

    住まいを快適な環境に保つためには断熱が欠かせません。躯体と断熱材の位置により断熱工法は大きく「外断熱工法」と「内断熱工法」に分けられます。又、打ち放しコンクリートのような「無断熱」の建物も見られます。
    RC建築の構造体に使われるコンクリートは熱を蓄える性質を持ちます。このコンクリート構造体を蓄熱体としてうまく利用すると、建物の温熱環境の性能に大きな差がでます。
    「内断熱工法」ではコンクリート躯体が寒暖の差が激しい外気温の影響を受けますが、「外断熱工法」ではその影響が小さく、室温の変化がゆるやかになります。
    アウサレーションは世界で最も普及し、最高品質を持った外断熱工法による外装材で、通気層を必要としない透湿性能のある密着工法で設置されます。

  • このメーカーの製品一覧

製品詳細

製品特長

  • 構造への荷重負荷を軽減

    優れた断熱性能、透湿性能、耐候性を備えながら、非常に軽量にできています。[厚さ50mm、1m2で約8kg(躯体との接着用樹脂モルタルの重量を含まない場合約5kg)]また、直接躯体に張り付ける工法ですから、外装のための特別な加工も不要で、構造躯体への荷重負荷も極めて少なくて済みます。

  • 改装への対応も容易

    既存壁面への直張りが可能ですので、古い建物でも簡単に短期間で「外断熱改装」が行えます。工事は基本的に室外からのみ行われ、電動ドリルや電動カッターのような騒音を発生する工具も使いませんので、改装中でも建物は外部足場と開口部の工事養生程度の制限を除き、通常通りに使用することができます。

  • メンテナンスコストの軽減

    表面の仕上げ材は、薄塗りでも衝撃に強く、防火性、耐候性に優れた特殊な弾性樹脂モルタルを採用しています。防塵性能(DPR)と防かび機能(PMR)を備えていますので、長期間にわたって美しさを保ちます。地域性や周辺環境の違いにかかわらず、あまりメンテナンス費用をかけなくとも、長期間にわたり美観が確保されることは、世界に広がった45年間の実績が証明しています。

製品特長