• 機能のご紹介

アカウントをお持ちでない方

無料会員登録

有料契約をお持ちの方

ログインして機能をお使いください。 ログイン
建築業務データをクラウドで管理・運用!
クラウド上で多彩な業務データを共有・活用。
これまでにない設計ワークスタイルを実現!
データ共有サービス【ARCHITREND Drive】は新しく3Dカタログ.com Bプランに追加された容量50GB(Bプラン1契約につき)のクラウドストレージです。 ARCHITREND ZEROやARCHITREND Modelioなどの物件データをダイレクトに保存し、クラウド上でデータの管理・参照・編集が可能です。CADデータだけでなく様々なデータを保存することで、社内、施主様や協業先との非対面での打合せやテレワーク対応もスムーズに。 BCP対策にも利活用できます。

CADデータをダイレクトに保存

社内外の協業ワークを実現

ARCHITREND ZEROなどの物件データを圧縮せずにダイレクト保存可能。クラウド上のCADデータを直接編集できます。

データ共有と同時にメッセージ自動通知や排他制御でデータ編集トラブルも防止します。

CADデータを画像として閲覧

集約データ管理

図面保存するだけで図面やパースから画像を自動生成してタブレットなどで閲覧できます。

各自のパソコンの様々なデータをクラウド上に集約保存することで、担当者間のスムーズな業務連携が可能です。

容量50GBの低コスト運用

安心・BCP対策にも!

容量50GB(1契約)、低コスト運用が可能。高額なデータサーバー機や専門的なIT知識がなくても手軽に利用可能です。

パソコンの故障や紛失、災害時においてデータ資産を保護し情報漏洩を防ぎます。

間取り作成アプリで作成したデータとCADが相互連携。データ利活用が可能に
iPad専用間取り作成アプリ「まどりっち」で作成した初期プランニングやリフォーム現況調査などの間取りデータを「ARCHITREND ZERO」、「ARCHITREND Modelio」などのCADデータに自動変換可能。またCADで作成した平面プランを間取りデータとしてまどりっちに連携、設計担当者が作成したARCHITRENDZERO平面プランを活用して施主様との打ち合わせ・イメージ共有が効果的に行えます。
  • CADデータ双方向連携にはARCHITREND ZERO基本プログラムVer.8以降、ARCHITREND Modelio Ver.7.1以降のプログラムと3Dカタログ.com Bプランの契約が必要です。
  • 1:Aプランの場合はまどりっちデータのアップロードのみ可能。データ保存は3Dカタログ.com有料契約1契約あたり10プランまでとなります。